スポンサーリンク

絶壁の長女がヘルメット治療した話3

前回の続きです。

首の座らない双子を連れて、タクシーで片道5千円もかけてやって来た乳児整体。

長年助産師をしていたというおばちゃん先生は、産後の豆腐メンタルな私には傷つくことを、ズバズバ(ズケズケ?)言う人でした。

ちなみにポン子の本名は、私の同年代にもいる名前です。たった3か月前、産まれた娘に贈った名前にいきなりケチをつけられ悲しかったです。

ポン子がグルグル巻きで放置され号泣している間、心の中で「ごめんね」を繰り返し…。連れてきたことを後悔しました。

あの時、涙が出てしまったのが心底悔しい。

に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました